Tyappaのなら日記

奈良在住Tyappaののほほん日記

月夜

プロフィール

Tyappa

Author:Tyappa
「シカとごらんくださぃ!」


Tyappa
性別:男
性格:てけとうでございやす


好きな花:蓮
「その話をしてるときは目の輝きが違う」とか周りに言われます...

奈良に住み、古都とふれあいながらの日々をご紹介♪
d( ̄▽ ̄)

だいぶ間があきました。ブランクもあるので、気張らずのんび~~~~り細々と書き始めます(*'-')

ちなみに、旧ブログは次元の狭間へと消え去っておりました・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック:-コメント:-

そろそろ蓮の季節ですよ(´∀`) in 2012

2012/06/12 10:37

白蓮
『2011年の白蓮』

さてさて、気がつけば6月です。
奈良で6月といえば矢田寺を始めとしたアジサイが見頃となるわけですが・・・

実は言ってる間にハスの季節でございます(´・ω・`)
この前いったお寺さんではすでにツボミがちらほら・・・あの様子だともう1、2週間で咲きますな。

実は、はやいところではもう咲き始めているとか・・・

上の写真は去年のものですが、池の類のハスはいつも遅めなのでまだ先でしょう。
しかし鉢の花蓮はもうそろそろ咲き始めるので、見逃さないようお気をつけくださいな(´∀`)

↓よろしぅです(´・ω・`)ゞ
[人気ブログランキング](^^ゝ

奈良県内の行事・イベント記事全文トラックバック:0コメント:0

奈良の節分 ver.東大寺 2012

2012/02/07 18:24

東大寺2012-1
2012年東大寺節分

今年の節分は昼間にと思い、東大寺へいってまいりやした(´∀`)
東大寺の節分は午後2時頃、法要が終わり次第豆まきが始まります。

しかしながら今回は到着したのが午後2時頃だったためか、すでに豆まきのエリアへは入れませんでした(´・ω・`;)
そのかわりに法華堂の前の長い行列に並べば手渡しで豆がいただけるようでしたよ。
私は二月堂にお参りができれば満足だったので、今年はこのまま見学させてもらってから上にあがりました。
下がまいているときの様子です。


東大寺2012-2

東大寺では袋に入った福豆と一緒にヒモのついた小さな鈴もまきます。
みなさんがんばっとられますな(*'-')

ちなみに豆まきの芝生エリアには入れませんでしたが、右の石畳の上で舞台に近ければたまに豆をまいてくれていました。すべりこむならそこくらいなんですかね(´・ω・`)
でもまぁ無理してとりにいくのは危ないのでご注意を('◇')ゞ

東大寺ではこのあと夜6時より星供養という法要が行われます。
事前に申し込んでおけばこの日祈祷したお札を送ってもらえるとか。(1口1000円だそうです)

以上今年の東大寺の節分模様でした( ^-^)_旦~
奈良県内の行事・イベント記事全文トラックバック:0コメント:0

節分in奈良(´・ω・`)

2012/02/03 12:39

今日は節分ですね~(´∀`)
奈良も冷えてはいますが、晴れており雪は大丈夫そうです^^

今日は奈良でも例年通りいろいろと節分行事が行われとりますね~。
ちなみに下に映っているのは、元興寺さんの元興神(がごぜ)絵馬とよばれる鬼の顔を描いたような絵馬です。
実際には鬼を退治してくれる神様の顔なのです^^


元興寺 絵馬
「元興寺の絵馬」

どこか惹かれる顔なのでこの時期になると毎年思い出すんですよね~、何度かいったこともありますが日中に護摩供養と火渡り式が行われます。もちろん豆まきも15:00からあります(*'-')b

火渡りがやはり印象的なので一度はいってみると楽しいですよ~、ちょと熱いかもしれませんがw

奈良県内の行事・イベント記事全文トラックバック:0コメント:0

奈良国立博物館の『天竺へ~展』いい感じ(^^)

2011/07/31 21:45

蜀紅
『蜀紅蓮』


今日の蓮は蜀紅でございやす(^ー^)
濃いめの赤がきれいな蓮ですな


さてさて、先日ですが奈良国立博物館で行われていた『天竺へ~展』へといってまいりやした。

玄奘三蔵さんのお話を描いた絵巻物「国宝 玄奘三蔵絵伝」
それがメインの展覧会なのですが、"高僧伝絵巻の 最高峰の一つに位置づけられる名品です"
と銘打つだけあって、素晴らしい絵巻物でした(^^)

保存状態がよかったのか絵が細かいところまできれいに残っており、
僧侶の衣や建物の襖の絵などは、マジデスカ(;゚Д゚)!
と、驚くほどの細さでびっくりしましたね。

技術が高いというか・・・むしろ作者の性格ですか!?というほどの細さ(笑)
それに資料乏しく、ほとんどを想像力で描いたとも思われるインド(天竺)の場面は非常に興味深いものでした。
この絵巻物を書いた当時の人はインド(天竺)をこういう風にイメージしていたんだなぁと、しみじみと感じましたね。

遥か彼方の仏の地に思いを馳せた昔の日本の僧侶や絵師さん達を思うとジーンとくるものがありますな・・・

うむうむ、なかなか良かったよ~『天竺展』(^∀^*)


新館の前半が絵巻物エリアとなり、後半エリアの半分に関連する品々と『大般若経』がならべられていやす。
そしてさらに後半エリアのもう半分は初瀬の與喜天満神社に関する展示となっておりました^^

前半の絵巻物に集中していたので後半はやや流し気味になっちまいましたが、絵巻物に集中しといて正解だったかも。
やはり絵巻物が一番よかったです(^0^)

私は夕方~夜間拝観時間にかけて見ておりましたが、おもったより他にも人がいましたな。
ですが、混雑するほどではないのでゆっくり見られやした♪

前期後期の入れ替えがガッツリあるので、ぜひ後半にも行きたいところです。
特に絵巻物は後半のほうがおもしろそうな場面の絵がいくつも出るのでとても観た~い感じ

思ってたよりも良い特別展でしたので、ぜひ皆さんも一度行ってみてくださいな(^ー^*)
日本の絵巻物美術をご堪能あれ☆彡


↓(´・ω・`)ゞ
[人気ブログランキング](^^ゝ




奈良県内の行事・イベント記事全文トラックバック:0コメント:0

薬師寺『花会式(修二会』の『鬼追い式』。

2008/04/06 20:21

薬師寺『鬼追い式』(修二会)
薬師寺『花会式(修二会)』の『鬼追い式』


《2008年4月5日》
 奈良の春の行事、薬師寺『花会式(修二会)』の最終日に行われる『鬼追い式』

夜の法要が終わると同時に、鬼達が現れ松明片手に舞台狭しと暴れ周りやすΨ(`∇´)Ψ
釣られてるかがり火もゆすりまくって、火の粉だらけ~

境内に消防車までバッチリ待機ですよ旦那( ´ー`)y-~~


とはいえ始まる前にスピーカーで、
「以前のように松明を投げたりはしませんが・・・」
と、親切にもご解説。

てなわけで、他の写真もご覧になりたい方は「続きを・・・」クリックして開いてくださいな~(´・ω・`)ゞ

[人気ブログランキング]よろしければポチッと押してやってください(^^ゝ



『薬師寺『花会式(修二会』の『鬼追い式』。』の続きを読む…
奈良県内の行事・イベント記事全文トラックバック:0コメント:0

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する




人気blogランキングへ ポチッと押してやってください(^^ゝ
Copyright(C) 2006 Tyappaのなら日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。