Tyappaのなら日記

奈良在住Tyappaののほほん日記

月夜

プロフィール

Tyappa

Author:Tyappa
「シカとごらんくださぃ!」


Tyappa
性別:男
性格:てけとうでございやす


好きな花:蓮
「その話をしてるときは目の輝きが違う」とか周りに言われます...

奈良に住み、古都とふれあいながらの日々をご紹介♪
d( ̄▽ ̄)

だいぶ間があきました。ブランクもあるので、気張らずのんび~~~~り細々と書き始めます(*'-')

ちなみに、旧ブログは次元の狭間へと消え去っておりました・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック:-コメント:-

伝説の奈良好きキラー【奈良まほろばソムリエ検定】 第二話

2008/04/03 19:00

これからもよろしくお願いいたします(^^ゞ
飛火野の桜、2006年版

え~、今回桜は置いておいて・・・・前回謎なテンションで書き上げられた奈良検定感想(回答?)・・・
それの続きをやってみたいと思いやすΨ(`∇´)Ψ


ちなみに今回は普通に書きますヨ(´・ω・`)

それでは、第二回『奈良まほろばソムリエ検定試験』《奈良通1級》問題用紙の、
2ページ【Ⅱ.奈良県の歴史に関することがらについて、最も適当なものを選びなさい。】から始めます。
(10)~(20)まで。

ちょっと気になるなぁ~って方は下の「続きを・・・」をクリックしてくだせ(*'-')

[人気ブログランキング]よろしければポチッと押してやってください(^^ゝ


==================

最初にちょと言っておきますと、わいは考古学系出身ではないので考古学内容に真剣に取り組んだことがあまりありません(^^;)
それでもがんばって公式本等で勉強した上での結果です・・・あしからず(;´д⊂)

あと、公式テキストブックのページ等も書いてますが、改定版持ってないので初版の方のページになってやす。

以下
第2回 奈良まほろばソムリエ検定試験
       奈良通1級
の問題用紙より抜粋。


2ページ
Ⅱ.奈良県の歴史に関することがらについて、最も適当なものを選びなさい。

(10) 日本各地との交流を示す出土品をはじめ、掘立柱建物跡、導水施設等から、大和政権成立時期の宮跡の可能性が高いとされる三輪山北西の遺跡は次のどれか。
 ア、大福遺跡  イ、纏向遺跡  ウ、上之宮遺跡  エ、脇本遺跡


「大和政権成立時期の宮跡の可能性が高い」&「三輪山北西の遺跡」ときたので、邪馬台国論争でメジャーな「イ、纏向遺跡」と回答。


〔正解、イ〕 当たり。
他の三つは名前の記憶はあっても内容までははっきり覚えてなかったです。
うっすら場所を覚えてたくらいですね。
場所から特定した場合でも、
大福遺跡は近鉄大福駅とか耳成山方向なので三輪山より北にはならず、
上之宮遺跡は、阿部丘陵なんで阿部文殊院とかのあっち(三輪山より南)なんではずれ、
脇本遺跡も桜井市脇本なので三輪山より南となるんですかね。
てなわけで、正解は〔イ、纏向遺跡〕となると。

公式本だと、
「ア、大福遺跡」はP259に"坪井・大福遺跡"で記載、
「イ、纏向遺跡」はP256に記載、
「ウ、上之宮遺跡」はP257に記載、
「エ、脇本遺跡」はP259に記載、
となってやす。P253から始まる『遺跡』の章に書いてある内容ってことですね。



(11) 2005年に5世紀前半の四面庇付き大型掘立柱建築物跡が見つかり、区画する濠の斜面に葺石が見られ、渡り堤も設けられていた、御所市内の遺跡は次のどれか。
  ア、六条山遺跡  イ、鴨都波遺跡  ウ、極楽寺ヒビキ遺跡  エ、東中谷遺跡


ここはわかりませんでした、ドコノコト?┐(´ー`)┌ てな感じ。
まず回答欄の「ウ、極楽寺ヒビキ遺跡」と「エ、東中谷遺跡」がピンとこない・・・ウの方はなんか記憶あるんだけど、どこで見たのか思い出せず。
その結果、「御所市内」で覚えがある「イ、鴨都波遺跡」で回答。


〔正解、ウ〕 ハズレ。
はずれましたね~、ネットで調べてみたら「極楽寺ヒビキ遺跡」でてきました。
当時ニュースとかにもなっていたようですが、私は覚えてませんでした(^^;)
読売関西ニュース http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50222a.htm
インタビューに公式本を監修された綱干善教氏がコメントされてますね~ナルホド。

「エ、東中谷遺跡」は一年ほど前にどうやらバイパス工事中に出てきた遺跡とのこと、こちらも知りませんでした。

アとイは公式本P259に載っとりやす。



(12) 発掘の結果、百済大寺と推定されている吉備池廃寺は、およそどのあたりにあるか。
 ア、甘樫丘の南方  イ、畝傍山の南西方  ウ、天香久山の北東方  エ、耳成山の北方


これは場所覚えてたので、ウで回答。


〔正解、ウ〕
公式本P123のマップでわかりやすね。
「吉備池廃寺」の項目はP132。



(13) 2007年に明日香村の石神遺跡で確認された幅役18mの古代の道路遺構は次のどれと推定されているか。
  ア、山田道  イ、下ツ道  ウ、横大路  エ、上ツ道



これは~・・・・例のアレの時に横通りましたね。
前回の(5)の問題の時に言ってましたが、2007年春にあった「キトラ古墳壁画"玄武"」の公開の際橿原神宮前から飛鳥資料館までぷらぷら歩きまして、"雷丘"のさらにちょい東の道路沿いにあった発掘現場・・・のはずなんです(´・ω・`)
そこで看板か観光客が話してたんだかで、ぎりぎり覚えてました。
とりあえずそんな記憶がひっかかったので、そのまま「ア、山田道」をチョイス。


〔正解、ア〕 当たり。
らっき~(*'-')
ここに出てきた古代の道とかは、正直あまり知らなかったですね~。
下ツ道、上ツ道とかが南北の縦ラインで、横大路が東西のラインてのは知ってましたが、どこをどう走ってるのかははっきり知らないです・・・勉強せねば(´・ω・`)



(14) 現在は於美阿志神社境内となっている檜隈寺跡は、飛鳥時代に活躍したある氏族の氏寺とみられている。その氏族はどれか。
  ア、巨勢氏  イ、鞍作氏  ウ、西文氏  エ、東漢氏


この問題はわいの選んでた体験学習プログラムの中で、檜隈寺跡に立ち寄った際に語られてやした。
てなわけで、答えは「エ、東漢氏」で。


〔正解、エ〕 当たり。
雨の中の散策だったんでメモとか写真あんま取らんかったんですよ~、ですがなんとか講師の方の話だけは聞こうと頑張ったのが功を奏しやした。
公式本だとP172の"檜隈寺跡"の欄にありやす。

ちなみにその時、重文の「十三重の塔」だけは撮ってたので紹介、
檜隈寺跡”十三重石塔”
たしか実際には上の方の何段かが落ちてなくなって、十三重じゃないんですよね。
なんか説明されてた気がしやす。



(15) 大掛かりな石垣築造など大土木工事を行い、『日本書紀』に「時の人の謗りて曰はく、狂心の渠。功夫を費やすこと、三万余。」と書かれているのは誰か。
  ア、天智天皇  イ、斉明天皇  ウ、崇峻天皇  エ、蘇我馬子

 
ワカリマセン。ということで、勘で「エ」と回答。


〔正解、イ〕 ハズレ。
・・・・・・・・完敗ヽ(  ̄д ̄;)ノ
斉明天皇ってそんなに建てたがりだったのか・・・。
公式本だとP35とかの内容。



(16) 天武天皇の死後、謀反の嫌疑を受けて不遇の死を遂げた大津皇子の実姉で、伊勢斎宮であったのは誰か。
  ア、十市皇女  イ、但馬皇女  ウ、大伯皇女  エ、大田皇女


コレモワカラナイアルヨ┐(´ー`)┌
謀反の疑いではめられた大津皇子のことは知ってましたが・・・実姉って・・誰ですか・・。
これも勘で「エ」。


〔正解、ウ〕 ハズレ。
そんなの知らないよーーー(;゜ロ゜)
と、叫びたいところだったのですが・・・スイマセン、「大伯皇女」公式本にも載ってました・・・。
公式本P326、"文学の章"の"万葉の故地"の中の"二上山"の欄に説明されてましたよ。
二歳違いのお姉さんなんですって(*'-')

万葉集関係にも弱いので、ここらへん頭に入ってなかったですね。
ふふふ・・・弱点だらけですよほんと(;´д⊂)

しかも大伯皇女は伊勢斎宮の初代だそうで・・・知らなくてすみませんでしたorz



(17) 奈良時代の天皇は元明天皇に始まり、桓武天皇で終わる。その間に即位した天皇の順番で正しいのはどれか。
 ア、元正―称徳―聖武―孝謙―淳仁―光仁
 イ、元正―淳仁―称徳―聖武―孝謙―光仁
 ウ、元正―聖武―孝謙―淳仁―称徳―光仁
 エ、元正―孝謙―淳仁―称徳―聖武―光仁


これはバッチシ覚えてたので、ウで回答。


〔正解、ウ〕 当たり。
これは元正天皇の次に聖武天皇がきてるのが「ウ」しかない時点で決まりやした。

公式本P39の「皇室略系図」って書いてる家系図を覚えていたのが幸いしやしたよ。
といっても、全部は覚えきる自信なかったので、歴代天皇とメジャーどころだけ書き写して覚えたんですけどね(´・ω・`;)
この系図は覚えておくと何かと便利でしたね~、いろんな分野に関わってきますから関連付けて覚えやすくなりやした。



(18) 次の高僧のうち、銘文のある骨蔵器の断片が出土して、その墓所が判明しているのは誰か。
      ア、義淵  イ、行基  ウ、良弁  エ、道昭


これも知ってたのでクリアー。
「イ、行基」で回答。


〔正解、イ〕 当たり。
公式本P100の"竹林寺"の欄に載ってやす。
ちなみに"北山十八間戸"を建てたことで知られる忍性さんも、同じ竹林寺で骨瓶が発見されてやす。



(19) 藤原四兄弟の死後、政権を執った橘諸兄と光明皇后の関係はどれか。
  ア、伯父と姪  イ、叔母と甥  ウ、異父姉弟  エ、異父兄妹


これも覚えてやしたね。
一瞬、姉弟と兄妹で迷いましたが、「兄だから諸兄って名前なんか?」とかしょうもないこと考えてた記憶あったので~、「エ」で回答。


〔正解、エ〕 当たり。
公式本P38("奈良の地勢と歴史"の章)に書いてやす。



(20) 玄の首塚との伝えもある頭塔は、土を盛り表面を石で覆い石仏を配した仏塔である。この仏塔は、東大寺二月堂の修二会を創始した人物によって造営されたという。この人物とは誰か。
    ア、義淵  イ、定慧  ウ、実忠  エ、空海


ここ通ったことありやした&造った方が東大寺『修二会(お水取り)」を始めた人だと覚えてたので、「ウ、実忠」で回答。


〔正解、ウ〕 当たり。
公式本P78の「頭塔」の欄、P304の「東大寺二月堂修二会」の欄に書かれてやす。


=======================

ということで~、今回はここまで(*'-')ノ

2級の時に皇室関係の歴史や血縁関係聞かれる問題あったので、がんばって勉強したつもりでしたが~。
全然甘かったですね(;´д⊂)見落としたくさん・・・。


奈良って深いっすよねぇ・・・1300年の歴史はだてじゃない、恐ろしや((((゜д゜;))))


え~と、次回(がもしあったならば)、《Ⅱ、奈良県の歴史に関することがらについて、最も適当なものを選びなさい。》の(21)~やりやす。

ではではまた、シーユーアゲイン(´・ω・`)ノ


※間違い、勘違い、書き間違い等多数ある可能性があります。ここの内容を鵜呑みにしないようにお願いします。いかんせん勢いで書いてるコーナーですので・・・・( ̄ー ̄;;)
途中出てくるページは初版の本のページになってます。改定版持ってないのでわかりません。


↓ポチッとどうぞ(´・ω・`)ゞ
[人気ブログランキング]よろしければポチッと押してやってください(^^ゝ


奈良検定とか記事全文トラックバック:-コメント:-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する




人気blogランキングへ ポチッと押してやってください(^^ゝ
Copyright(C) 2006 Tyappaのなら日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。